SSブログ

一生に一度も見れない「ミラクルムーン」171年ぶりの今日見れる?!詳細は? [話題のニュース]

一生に一度だけ?

11月5日に171年ぶり

「ミラクルムーン」を見よう!

11月5日は、

なんと171年ぶり「後の十三夜」と言われる日。

まさにミラクルムーン!笑

今日を逃すと一生見れないとも言われてる

「ミラクルムーン」

一体どんな現象なのか?

詳細をまとめます^^

ブログ関係.jpg

【名月といえば「十五夜」、そして「十三夜」があります】

ブログ関係.jpg


お月見は、
中国から伝わった習慣で、
お月様を見ながらお祝いする行事。

平安時代の頃から行われているそうです^^

旧暦8月15日の「十五夜(中秋の名月)」と、
旧暦9月13日の「十三夜」は名月といわれ、
あわせて眺めるのが古くからの習わし。

十五夜に月見をして十三夜にしないことは、
「片月見」、「片見月」と言ってきらわれ、
十五夜の月見をしたら、
翌月必ず十三夜にも月見をして祝うものだとされているそうです。

知らなかった^^;


【今年の十五夜は「スーパームーン」として話題になりました】

ブログ関係.jpg


月が地球に最も近づいたときに、
満月もしくは新月の形になった月の姿、
またはその現象をスーパームーンといいます。

滅多にないスーパームーンの出現を、
夜更かしして待った人も多いはず!

そして今年はもう一つ!


【11月5日は171年ぶりの「ミラクルムーン」が見られる!】

2014年は9月8日が中秋の名月(十五夜月)で、
10月6日が十三夜月でした。
例年だと名月はこれで終わりですが、
2014年は3度目の名月があります

それが11月5日。
2回目の十三夜のため「後の十三夜」と呼ばれるそうで、
1年に3回も名月が見られるのはなんと171年ぶり!

これはまさに一生にいちどのミラクルムーンといえますね^^


【なぜ今年は「後の十三夜」となるのか?】


スポンサーリンク






旧暦は現在の暦(365日)に比べて日数が少ないため、
約3年に一度、
閏月(うるうづき)を挿入して暦を調整している

十三夜月は旧暦の9月13日に見られる月のことですが、
稀に閏(うるう)9月が存在することがあります


「閏月」って?^^;

ブログ関係.jpg


旧暦は月の満ち欠けによる太陰暦ですから、
現在用いられる太陽歴とは1年の日数に違いがあります

太陰暦は月の満ち欠け(約 29.5 日)を基準にしています。
12 か月 = 354 日で次の年を迎えるという計算

3 年で 1 月ずれてしまうことになります。
これではいかんということで、
月を基準にしつつ太陽暦とも整合性をとる暦(太陰太陽暦)では、
02/29 のように 1 日を追加するのではなく、
1 月を加算しまして調整します

閏月はおよそ2年と8ヶ月、
または2年と9ヶ月に一度の割合で発生します

今年は171年ぶりに9月の「閏月」があるため

「後の十三夜」となるみたいですよ^^

171年・・・

一生に一度も見れなくてもおかしくない^^;

それが11月5日に見れるみたいです!

このチャンスを逃すともう・・・

夜は結構冷え込んできてるので

しっかりと防寒して

171年ぶりのミラクルムーンを見ておくべきですね^^

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 芸能ウラ速報! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。